PEOPLE

鶴田絋平施工管理 2012年入社

ハウスメーカーと設計事務所の良いとこ取り

僕の場合、元々ハウスメーカーに勤めていたんですが、そこが潰れちゃって、その次に設計事務所で働いていました。ただそこも自分のやりたいことがなかなかできない環境でした。そんな時にネイエに出会ったんですが、アトリエみたいに小さすぎず、ちゃんとこだわった注文住宅を作っているということを知って、自分にとってちょうど良い気がしました。と言うのは、ハウスメーカーの「規格の物からパターンを選ぶ」というやり方に疑問を持ち続けていて、ネイエのごだわった注文住宅なら、自分のやりたいことができるんじゃないかと思ったんです。設計施工の良さもありますし、保証もしっかりしていて、会社として「顔が見える」感じです。

働いてみて学ぶことが大事

学生の時は設計がやりたかったので、CADとかの知識はあったのですが、実際に現場の施工管理の経験はありませんでした。最初はアシスタントをしていたんですが、やがて一人で現場を任されるようになってからが大変でしたね。現場の経験が少なかったので、職人さんに叱られたり…。監督さんが怒って帰っちゃったりとか。でもそういう人ってすごく現場がキレイできちんやるんですよね。それで一つ一つの段取りの大切さに気づくことができました。そんな自信を無くしてるときに、お引き渡ししたお客さまからお礼の手紙をもらったことがあるんです。途中でいろんなトラブルもあったんですけど、最終的には「良かったよ」という手紙をいただけました。その時は嬉しくて、頑張ろう!という気持ちになりました。

色んな試みをする会社

最近は新しい試みで名古屋市黒川の住宅展示場にモデルハウスを建てたんですよ。元々は一宮の小さい店舗から始まったんですが、それが一宮のモデルハウスや事務所になり、名古屋市名東区にも同じようにモデルハウスと事務所が建ちました。住宅展示場に建てたのは黒川が初めてですね。そういう新しい試みが常にあります。個人的にはリノベーションや店舗の施工管理にも興味があるので、機会があれば勉強していきたいと思ってます。