PEOPLE

勢力雄斗設計 2019年入社

現場を見学して感じたこと

就職活動は「住宅」に絞ってはいたものの、施工管理にこだわらず、設計、営業の方でも進めていました。その中で、ネイエのインターンに参加した際、設計が営業を行っていることや、既製品ではなく、造作のものが多いことを知り、幅広く就職活動を進めていた私には、すべての魅力を収集させた会社のように感じました。 実際に現場を見学させていただいたのですが、躯体丸見えの状態を見ているだけで沸き起こったわくわく感。その時感じた高揚感と、祖父が大工で、現場の人間だったこともあり、「住宅」に携わるにはまず現場を知ることが重要だと思い施工管理職に決めました。また、お客さま、設計士によって収まりが異なり、唯一無二の家づくりができることで、自分のスキルアップにもつながると思い、ネイエ設計に入社を決めました。

現場を見学して感じたこと 現場を見学して感じたこと
達成感と誇りを感じて日々精進 達成感と誇りを感じて日々精進

達成感と誇りを感じて日々精進

今はまだ自分の現場を持っていないので、上司の現場を手伝いながら知識を身に付けている段階です。徐々に頼まれることが増え、できるようになった時の達成感を味わいながら毎日仕事をしています。また、入社前には職人さんとうまくコミュニケーションがとれるか不安がありましたが、みなさん優しい方ばかりで、わからないことはとことん教えてくださいます。早く一人で現場を持てるようにと、日々精進しています。 初めて上棟(建前)に参加した際は、一日で家が建つことに感動し、お客さまの期待している輝いた表情を見て、こんな素敵な場面に立ち会うことができるなんて幸せ者だと思いました。素敵な場面や、家づくりを提供できる側にいることを嬉しく思うと同時に、誇りをもって働いていきたいです。

力になりたいと思えるような環境

 入社前、なんてお洒落な会社だろうと思っていたのですが、やはりお洒落な会社でした。事務所やモデルハウスだけでなく、スタッフ一人一人もお洒落なので、自分の意識も変わったように思います。家づくりをするネイエがお洒落なので、お客さまに対する説得力があると思います。ネイエのスタッフは仕事に対する情熱、こだわりがある方ばかりです。時には意見が食い違うこともありますが、みんなで解決することを諦めない会社だと思います。チームとしてより良いものをつくり上げていく、というみなさんの意識は新卒ながらひしひしと感じています。自分も少しでも力になりたいと思えるような環境です。

力になりたいと思えるような環境 力になりたいと思えるような環境